読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近タブレットの立ち位置が中途半端だった私のスマホ系ガジェット事情。

 

Kindle Paperwhite

今年もあっという間に13日がたちました。

今日は中途半端な立ち位置によって深い眠りについてしまっているタブレットに新しい息吹を与えてみよう。というおはなし。

スマホ系のガジェットが増えたら増えたでどうしたって使用頻度にばらつきが生まれてしまうもの。どうせ手元にあるのならばすべてを愛してあげようよ!

本日の変化によってタブレットにどんな一面が生まれるのか。私自身楽しみでもあります。

 

 

 

 

アナタのタブレット。電源も入れずに眠っていませんか?

そう。私のタブレットは最近眠っていました。

手元にある機種はASUS Nexus 7 (2012) TABLET / ブラウン ( Android 4.1 / 7inch / NVIDIA Tegra3 / 1G / 32G / BT3 ) NEXUS7-32Gモデル

当時の価格ではお得な値段で買いました。

タブレットのメリットである

  • 画面が大きい!
  • 電池の持ちが良い!
  • なんとなくな満足感!

と購入当初は一軍入りで持ち歩いていたものの

結局は適度なサイズのスマホで事足りる!

の一点においてすこーしずつ隅においやられ…

 

 

今となってはノートパソコンの隣でちょこんと座っている状態となってしまっていました。

なーんか思い当たる人いませんか?

 

 

手元にあるガジェットは

とたくさんあるのでどうしてもいくつかのアイテムが置き去りになっちゃうんですね。

 

このまま2軍3軍いりとなり日の目をみることなく眠り続けてしまうのでしょうか…

 

 

 

たまたま目に入ったアプリのKindleによって世界がひっくり返った

Kindleを購入した当時、アプリで観ることができたのかな?

まったく頭になかったのですがAndroidアプリやiosアプリでKindleを楽しめる!?

 

 

Kindle for Android

Kindle for Android

 

 

おっ!

っと思った瞬間にインストールを終わらせてさっそく起動!

アプリを起動させてログインしてあっという間にカラーのKindleが目の前にあらわれました。

 

 

こんな単純なこと、私はわからなかったのか…

無念!無念すぎる!!!

 

 

 

 

って、地味にわからなかった人も結構いるんじゃないのか?

現状は手探りな状態でAndroidアプリ版を触っていますが白黒モニターと違ってAndroidタブレットのみのメリットもあったのでそこをちょこっとまとめます。

 

 

 

白黒ではわからなかったカラー雑誌がピッカピカのカラーで目の前にあらわれる

感動!

いままで白黒でしかみることが出来なかった電子書籍がカラーで蘇ったんです。

Fire HDでしかカラーを楽しめないと思い込んでいたのでとても嬉しい誤算。

この瞬間に私の中でのAndroidタブレットが完全に蘇りました。白黒Kindleだけを持っている人で、カラー未体験な人はこれだけでもKindleアプリを入れて試してみる価値がありますぞ!

 

 

Kindle Paperwhiteの電子インクもいいけれども液晶もありだなと思った

独特な感覚の電子インク。購入当初は慣れなくて違和感ありまくりだったものですが目に優しく、また就寝前でもがっつり読書ができたので慣れるといい感じなのですが参考書などのときにはサクサク画面表示させたかったり大きめなモニターでみたかったりと若干の不満もあったわけです。

 

その不満点が解消されました!

 

加えて複数のガジェットで表示させることができて擬似デュエルモニターっぽく扱えるようになったのもプラスポイント!かなりおもしろい状態で本を読めています。

 

 

Kindleを持ち歩かなくてもスマホなどで読書が可能

本当になぜに今までアプリを入れなかったのだろうか…

 

今ではタブレットを使っての読書も普通にできています。

Kindleの良さとタブレットアプリの良さ。お互いのメリットを最大に活かしてポイントポイントで使い分けられる。

 

素晴らしい!

 

 

と、まぁ知っている人にはまったく有益な情報じゃないのですが万が一知らなかった人がいたのならばアプリを導入してみることをオススメします!