ボディーワイルドの着心地安定感。脱トランクスからの入門着にいかがでしょう?

(ボディーワイルド)BODY WILD Basic styleボクサーブリーフ(前とじ)星柄 BWS875G 41 レッド L

季節は2月。卒業という文字がチラチラとみえはじめて、大人の階段をのぼりはじめる一歩目といったところでしょうか。

今回は私自身ながいこと愛用している肌着、ボディーワイルドを紹介したいと思います。脱トランクス!ちょっとだけおしゃれなパンツを履いてみてはいかがですか?

 おさまりと着心地の良さ。ふらふらしちゃいけない!芯のある男に!!!

おもいおこせば小中高とはき続けていたのはトランクスでした。

まっしろなブリーフから移行していく段階で通る道の一つではないでしょうか?

 

他人のパンツを見比べる趣味もなかったもので他の人がどんなパンツを履いていたのかあまり記憶にはありませんが、だいたいトランクスが学生時代のスタンダートだったように思います。

 

今思えばトランクスで喜んだことも困ったこともなかったような気もしますが、マラソン時に股下が擦れて痛かったのも今思えばトランクスが原因だったんだなぁ。。。と懐かしくも思ったりします。

 

そんな私がトランクス→ボクサーパンツに移行していったキッカケ。

  • 仕事をしていくうえでより安定感が欲しかった
  • 汗などで不快感が増したとき、耐水性、耐湿性の機能型パンツがあった
  • なんだかんだでオシャレ

主な理由はこんな感じ。特に汗対策は急務でした。

 

真夏に感じる不快感をトランクスでは対策がとれずにいた中で、町で見つけた汗対策のボクサーパンツに一目惚れして即購入。以降はボクサーパンツがメインとなりトランクスは衣装ケースから姿をけしたのでした。

 

 

 

いくつかのメーカーを渡り歩いて落ち着いたメーカーはボディーワイルドでした

こだわればキリのない私。いくつかのメーカーのパンツを購入してはき続けた結果、衣装ケースに一番入っているパンツはボディーワイルドでした。

 

特に脱トランクス!をかかげてパンツ物色を繰り返している学生諸君!!!

 

まずは入門編としてボディーワイルドをオススメします!

 

トランクスの最大のメリットとして締め付けずに楽!というのがありますがガシっとフィットしてくれることの着心地の良さを味わう事ができるのが魅力なのです。

 

いっけんすると相反する要素のように思われますが、はいてみてわかる世界もあるのです。

 

素材もいくつかあります。

すべすべつるつるでなんじゃこりゃ?と思えるような素材があったり、冬の寒さに対応したモデル。季節をとわないいわゆる普通のパンツ。などなど。

量販店に行けば実際に触れるためいくつかの種類を購入してはきくらべるのがおすすめですね。

 

価格もセット販売のトランクスと比べるとお高い感じもありますが物持ちの良さはボクサーパンツに軍配があがるでしょう。お気に入りをながくはけるのもよろしいところ。

 

はじめこそ違和感があるかもしれませんが着心地の良さとフィット感コストバランスを考えるとボディーワイルドをおすすめせざるをえません。ネットのみならずデパートなどでたまにやるセールでも販売してくれているのもお財布にやさしく嬉しいですねー。

 

 

 

(ボディーワイルド)BODY WILD Casual style ローライズボクサー(前とじ) BWB991G 97 ブラック L

(ボディーワイルド)BODY WILD Casual style ローライズボクサー(前とじ) BWB991G 97 ブラック L

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近購入して今もはいているパンツ一覧です。

カラーバリエーションも良し!ちょっとしたおしゃれ感もあってトランクスにはない魅力がつまっていると思いますよ。

 

amazonではたまにボディーワイルドのタイムセールも展開しています。が、通常の価格とほぼほぼ変わりがないのでポチっても問題無いでしょう。

 

お気に入りのフィット感に素材感。慣れてくるとトランクスには戻れません!

ボクサーパンツどれを選べば?と悩んでいる人は一度試してみると良いでしょう!

 

では、またねー。