読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンGOやイングレスの流行の先に電脳コイルの世界がくると信じている

日記 秋田 イングレス ポケモンGO

電脳コイル コンプリート DVD-BOX (全26話, 650分) 宮村優子 アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]

僕サッチー。

さてさて。予想通りにポケモンGOが流行しております。それの影響かイングレスのダウンロード数も増えているとの情報もあったりで位置情報サービスアプリに期待が集まっています。

とにかくともかく電脳グラス。私は熱望します!

 地方秋田でもスマホを片手に歩き回る人が続出!

先週末はイングレスをプレイしている友人にいるため、やり方を教えてもらうためと、同時にポケモンGOを慣らすために同行させていただきました。

 

イングレス、ポケモンGOと共に位置情報を利用したサービスですが、ちょいちょい違っていてどっちも面白いなぁ。という印象を受けました。プレイ方法については公式を見てもよくわからず、どちらかと言えば有志のみんなが未体験や初心者さんの背中を押している感じのブログや動画で助かっている面も多々あります。それもそれで面白くて、世界が変わったなぁと感じますね。

 

さて、秋田市内でももちろん盛り上がっているようで、スマホを片手に公園を歩いていたら「ピカチュウみつかったかい?」とご婦人に話しかけられたり、いろいろな世代の人がポケモンボールを投げるモーションを繰り返して談笑している場所をみると、気持ちがほっこりしてきます。

 

危険だ!危ない!!!などとマイナスな部分も目立つには目立ちます。が、新しい風が吹くと必ず功罪はうまれます。

マイナスな部分を潰していき、プラスとなる部分を伸ばしていく。

特に世代を超えて遊んだり、トークしたり、攻略したりと、昔とは違ったカタチでの世代を超える繋がりを得られるためのツールとしてはとても貴重な現象だと、個人的には思っております。

 

東京や京都などの都市部ではシステム上のメリットもあいまって完全に爆発的ブームを起こしているようですが、地方でも地方で出来ることがきっとあるはず。

地方だからこそデジタルと自然環境の融合!ポケモンを探しながらも、本当の昆虫や植物、本物の自然にふれる機会を増やすという事も出来やすいんじゃあないでしょうか?

 

家で遊んでばかりで…

なんて愚痴もなくなってデジタルとアナログの融合が果たせたのなら私は嬉しいです。

 

潰していきたいマイナスな部分。そう、やはり一番危険なのがモニターを凝視することによって散漫になりつまずきや衝突。他者に迷惑をかける行為になってしまうなど、利用していない人にとっては害にしかならないような現象。これは本当に改善していきたいですよね。流行にブレーキをかけかねない事件が起こっても遅いです。

とにかく注意する。まわりをみる。夢中になり過ぎない。これ、本当に大事です。

 

 

 

危険危険って…これ電脳グラスの出番じゃない!?

そんなわけで私が熱望するのは電脳グラス。

実際の目線でゲームがプレイできるわけで、スマホに夢中になり目の前を見なくなるというリスクがガクンと減りますよね。

 

ポケモンGOやイングレスのようなサービスの流行の先に絶対にAR、VRの新しい世界がくると私は信じています。さすがに攻殻機動隊まで言ってしまうと行き過ぎ感もアリますが、いずれは…そうなるんでしょうね。そこまで行けばこわい気もしますが、楽しみでもあります。

 

 

 

 

 

グーグルグラスが新しい流れを作るか

開発中止が発表されてめっきり話題にもならなくなったグーグルグラスですが、調べてみるとちょいちょいと情報があるようです。

smhn.info

グーグルグラス2であったり新しいロゴが判明したりとちょっと前の話題でありながらもやっぱりワクワクです。そしてこの世界の流れ。歩きスマホは危険だってのは世界共通の認識なので、ここで一気にグーグルグラスがやってきたら前回での失敗が一気にひっくり返るような気もしています。盗撮やら、プライベートがとかメガネだからこそ発生しやすい問題があったとは思いますが、今であればARやVRの世界も認識されてきているので苦情をいう人も少なくなっている。と信じたいです。

 

 

最近のARのブームが原因なのか、夢でも電脳コイル的な世界が現実になった夢を見たりします。

 

週末はまた街を歩いてみようかなと。ある意味これも地域にお金を落とす行為。

行政でもプラスに考えてガンガン面白いことをやっていったらいいのにね。ではまたー。