読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

齢を重ねることのより生まれる過去への好奇心。日光東照宮にいって癒やされました

日記 旅行 カメラ

日光パーフェクトガイド

なかなか旅にでる機会がないわたしですが、今回は妹に会いに行くために車でおでかけです。

突発的な観光先として選んだのは日光東照宮

齢を重ねるごとに歴史的建造物に興味をいだくのは生きるという事の凄みを年々理解してくるからなのでしょうか?すごくためになる一日でした。

 圧倒される存在感と澄んだ空気。ココが聖地か!

やはりといいますか、観光客でにぎわいたくさんの国の人達が楽しそうにしている姿をみて私自身も楽しくなっていました。

あらためて場所は水戸にあるは日光東照宮!!!

www.toshogu.jp

週末ということもあり右も左も観光客!多国籍な感じも秋田では体感することもなく気持ちは高まるばかり。

こんな時にはてな村の村民はブックマーク上位にいつもあがる英語を覚えるための秘訣をやっていればよかったな。と痛感するのでしょうか?えぇ、私は頭をよぎりましたよ。飽きずにやっていればよかったなってね。

 

 

www.toshogu.jp

全体の感じ。サイトをみてみるとあらためて歴史のある建物に足を踏み入れたんだなぁ…と感慨深い。

 

f:id:yocchan20:20160213130547j:plain

 

チケットを購入しさっそく中に入ると、建造物の凄さに圧倒されます!

 

f:id:yocchan20:20160213132728j:plain

 

後の説明で周辺の建物は1年と5ヶ月で建てられたそうで一日3万人の働き手が一生懸命に汗を流していた。というはなしをきいて胸がアツくなりました。

順路を歩きながら収めてきた写真をあらためてみると感動が蘇ってきます。

 

f:id:yocchan20:20160213134658j:plain

階段がめちゃあって疲れたなーとか、みんな猫を撮るために渋滞していたなぁとか、管内に入るときに靴を脱がなきゃならなくて、夏用の靴下を履いてきたために寒かったなぁ、とかカップルの女性がうずくまって泣いていてあまりの感動に腰が抜けて動けなくなったんだろうなぁとか、鮮明に記憶が蘇ってきます。

 

f:id:yocchan20:20160213135219j:plain

最後に鳴き龍に感動して日光東照宮をあとにしました。

帰りのバスはギュウギュウ詰めで観光地としての凄さをあらためて感じることになりました。

 

 日光東照宮後にいくならここで決まり!

時間の許すかぎり日光東照宮を楽しんだあとは駅周辺に戻り名物を食べました。

晩ごはんは栃木の餃子と決めていたのであえて抑えての間食です。セレクトしたのは湯葉まんじゅう!

 

美味!!!!最強に美味しい!

www.sakae-ya.com

追加で食べてしまうほどの旨さ。胃袋に制限を設けなければもう3つくらいは食べたかった。この地域の名産品は湯葉なんだと知ったのも勉強になりました。

思い出したらまた食べたくなってきた。まんじゅうとふりかけた塩との絶妙なバランスがなんとも言えない!?

 

 

パワースポットに行って元気100倍!

秋田の2月と違って水戸の2月はものすごく快適でした。正直なところ秋田に帰ってくるのが嫌になってしまうくらいの快適加減でした。

日光東照宮では勉強になることも多く、また純粋に好奇心や歴史への探究心が増して勉強する事が増えたなと感じたのでした。人生日々勉強なのです!

 

遠方初のミラーレス一眼での撮影はすべてをオートで任せるという感じに終わってしまい己の未熟さが残念に感じました。使う機会を増やしていって本番に強い男になりたいですね。

 

f:id:yocchan20:20160213134719j:plain